• > 
  • 加圧トレーニングスタジオの間違えない選び方

加圧トレーニングスタジオの間違えない選び方

加圧トレーニングジムに通うことを決心して、トレーニングスタジオを探すあなた。でも、あまりにも多すぎる情報の中から、一体何を優先し、どのように選べば良いのでしょうか?通いやすさや料金のことはもちろん、加圧トレーニングというスポーツの性格上、リスクのことも正確に知っておきたいものです。このサイトでは、膨大な情報の中から最低限、抑えるべきラインは何なのかを解説することで、あなたに合った加圧トレーニングのスタジオ選びのお手伝いをします。

体験トレーニングがある

加圧トレーニングの性質上、体験トレーニングを経て、それが本当に自分に合うものかどうかを見極めることはとても重要になります。なぜかというと、加圧トレーニングは、他の筋肉トレーニングや有酸素運動に比べて難しく、プロのアドバイスが必要なトレーニングだからです。加圧トレーニングは、筋肉に圧力をかけることで血流を一時的に制限し、その後一気に全身に流す、ということを繰り返します。つまり、血管のコントロールをしながらということですので、加圧する力加減やインターバルを取るタイミングなど、その日の体調によって考えて行かなければならないのです。

ですから、加圧トレーニングはマンツーマン方式が義務付けられています。マンツーマン方式でないところは、正規の加圧トレーニングスタジオではないということですので、避けましょう。また、このように血管や筋肉に普段はかけない負荷をかけて行うトレーニングなので、トレーニング時間も20分から、多くても60分ということになります。トレーニング後のフォローアップも大切です。

以上のような加圧トレーニングの基本を押さえた上で、判断のポイントは以下の3点になります。1点目は、加圧トレーニングが自分にとって、楽しいものかどうか、続けられそうかどうか。

2点目は、コストパフォーマンスに納得できるかどうか。20分から60分のトレーニングでも、マンツーマン方式ですので、他のトレーニングや筋トレよりはどうしても割高なイメージが否めません。大手のトレーニングジムでの一般的な料金は、大体10分で1000円強と考えて良さそうです。ですので、効率よりも、ガッツリ時間をかけてトレーニングを楽しみたいという人には向きません。

3点目は、マンツーマン方式ですので、トレーナーやスタジオそのものと自分との相性を、しっかり見極めよう!ということです。そのスタジオの方針や、トレーナーの導き方が分かりやすく、自分に入って来る感じがするかそうでないかで、表れる効果が全く違うのです。つまり、誰でも良いわけでも、どこでも良いわけでもないということです。

以上を踏まえて、トレーニングスタジオ探しをすると良いでしょう。

有資格トレーナーがいる

正規の加圧トレーニングスタジオであれば、有資格者のトレーナーとあなたとのマンツーマン方式のレッスンになります。料金は大体10分で1000円強、トレーニング初心者や美容健康目的の人は20分を週一回、本格的に筋肉を鍛えてマッチョを目指す人は60分を週1、2回程度行うのが一般的です。

上級者向け、またはプロのアスリートやボディビルダー向けのレッスンになると、60分で8000円から10000円の料金設定をしているトレーナーが多いようです。特にボディビル競技で、良い成績を収めた選手をトレーニングした実績のあるトレーナーなどは、それ以上の料金設定になっています。

通常のトレーニングと比べると割高ではありますが、それだけ効率が良いトレーニングだということです。逆に言えば、それ以上行ってしまうと、効果が落ちるだけではなく、危険でもあります。しかし、自分の体とトレーニングの程度を、自分で見極めるのは大変、難しいことです。そのため、プロのトレーナーが加圧トレーニングの場合は必須なのです。

保険の適用の問題から言っても、トレーナーなしでの加圧トレーニングはお勧めできません。加圧トレーニングスタジオで、もし、指導者なしの自己トレーニングを行い事故があった場合は、保険が適用されないのです。その理由は単純で、マンツーマン指導で行うというスタジオのルールに利用者が従っていない状況だから、ということになります。

加圧トレーニングは、自己流だと適切な判断をするのが難しく、やり過ぎてしまうことが多いため、めまいや吐き気、しびれ、皮下出血を起こしてしまう可能性が他のトレーニングよりも高いのです。そのため、トレーナーの有無や質だけでなく、保険の適用範囲なども十分チェックしておかなければなりません。

正規の専用器具がある

加圧トレーニングでは、腕や足の付け根に加圧ベルトを着用します。それによって何が起こるかというと、まず、血流が制限されます。血流を制限することで、血管が膨張し血液を溜めます。その状態でトレーニングをし、トレーニングを終えてベルトを外すと、堰き止められていた血液が身体中に一気に流れ出すことになります。これを繰り返し行うと血流が活性化して血行が改善されます。次に、筋肉への刺激です。ベルトの圧で、筋肉内を無酸素状態にすることで、乳酸の生成を促します。乳酸が出ると、脳は成長ホルモンを分泌し、新しい筋肉を作る準備をします。

以上のことから分かるように、加圧トレーニングでは人工的に血流制限をしていますので、虚血状態で局所的な貧血に陥る危険性に気を付けなければいけません。加圧ベルトで締めている状態でも、ベルトを外す際にもリスクがあります。ベルトを外し今まで制限されていた血液が一気に流れると活性酸素が大量に発生して血管がダメージを受けてしまうこともあります。特に、疲れている時は血管も疲れていることが多く、時には血管が傷ついてしまうこともあり得ます。そういったことを考慮すると、器具を自己流で選んだりすることは非常にリスクが高い行為だと言えます。

もっと言えば、最大のリスクは、血管がダメージを受けた状態に気づかないままトレーニングを続けてしまう状況です。傷ついた血管を修復する細胞の働きはゆっくりなので、トレーニング中の血流のリズムには合いません。血管内にかさぶたを作ろうとして頑張っても、すぐに大量の流れがきてしまい、ちゃんとしたかさぶたになる前に、血の塊として血管内に流れていってしまうのです。これが血栓となります。血栓症のリスクを避けるためにも、専用の器具を使っているトレーニングスタジオを選ぶべきです。

まとめ

以上のように、加圧トレーニングは他の有酸素運動や筋肉トレーニングよりも、より専門的な知識を持って臨むべきスポーツだと言えます。選ぶこちら側も、知識を持っていなければ、正しい選択はできません。また、趣味や勉強において素晴らしい師匠との出会いが必要なように、加圧トレーニングにおいても自分に合う良いトレーナーに出会うことが効果を上げるために重要であり、また、トレーニングを楽しむ秘訣でもあります。

あなたのライフスタイルに合ったスタジオとトレーナーに出会えるよう、是非、気になるスタジオで体験トレーニングをしてトレーナーとの相性を見てみると良いと思います。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。