• > 
  • 加圧トレーニングと頭痛の因果関係とその事例

加圧トレーニングと頭痛の因果関係とその事例

加圧トレーニング後や筋トレをした後におきる頭痛には原因がいくつか考えられます。なぜ運動をした後に頭痛がするのか、その原因を知ることで、頭痛に対して対処することが出来ます。ひどい場合や症状に当てはまらない場合は医師の診断が必要ですが、要因がはっきりしている場合は、対処することが出来ます。トレーニング後の頭痛の事例と原因を探り、今後どのようにすれば事前に防ぐことが出来るのかを検証します。

なぜ加圧トレーニング後に頭痛がおきるのか

加圧トレーニング後に頭痛がおきる原因として考えられるのは、血管が広がることによって、神経を刺激してしまう場合があることです。血流がよくなることによって、神経に影響を与えてしまっている場合があります。冬の寒い時期や、汗をかいたあとに急激にエアコンなどで身体を冷やしたなど、身体が冷えた状態でいきなりトレーニングを行ってしまうとこのような頭痛がすることがよくあります。

症状や期間は、人やその時の体調によって異なりますが、早い人で数時間、遅い人でも2、3日すると治まります。しかし放置しておくと危険です。脳に異常をきたしている場合もないとは言い切れません。不安な方は、早めに医師に相談しましょう。

トレーニング中に起きてしまった場合は、我慢せずにトレーナーと相談しましょう。トレーナーが、その日の体調やメニューから考えて原因がトレーニングにあるのか否かを判断してくれます。無理をしてひどくなる前に不安を感じたら即座に中断して、指示を仰ぎましょう。

他にも、原因は考えられます。急に運動をしたために、血圧が上がってしまったためにおこる頭痛です。トレーニング中におきてしまったら、トレーナーの指示を仰ぐとともに、一旦トレーニングを中断し、おさまるのを待ちます。加圧ベルトの締め付けが原因でおきる可能性もあるので、すぐにベルトを外します。

また、トレーニング中に身に付けているウエアの締め付けがきつい場合は、ボタンを外すなどをして体がリラックスできる状態をつくってください。温度や湿度が高いときにおきる場合が多いので、室内の温度を下げ、室内の換気をし、飲み物を飲むなどをした方がよいです。

トレーニング中は、トレーナーの指示の元、こまめに水分補給をしましょう。体内の水分が不足すると頭痛がおきます。普段から偏頭痛がするという人は、特に気をつけたほうがよいです。また酸素不足でも頭痛がおきる場合があります。トレーニング中に息をとめないように意識してトレーニングしてみてください。

苦しい頭痛が起きる前に出来ること

日頃から偏頭痛がよくおきる人は、トレーニングが原因の頭痛が起きる可能性が高いです。加圧トレーニングを始める前に、トレーナーと相談して、無理のない痛くならないプログラムを組んでもらうことをおすすめします。

トレーニングを始める前に、軽いストレッチを行うなどウォームアップを充分にし、身体が充分に温まった状態から始めるようにしたほうがよいです。日頃から水分補給を頻繁に行い体内の水分不足を引き起こさないようにすることが大切です。

トレーニング中に血管が広がったためにおきたときの症状は主に、ズキズキした痛みであることや、吐き気をともなうという特徴があります。また音が普段よりも大きく聞こえたり、遠くから聞こえたり、話している人の声が聞き取りにくかったりします。周囲の声の周波数とあっていないような感じになります。また、蛍光灯の光が眩しく感じられたり、光がゆがんでみえることもあります。

そういった症状が出た場合は、首の後ろを冷やすのがよいです。揉んだりすると痛みが余計にひどくなりますので、揉まずに冷却シートなどで冷やしたほうがよいです。光が入らず、音の刺激がない場所で、横になり目を閉じていると少しは痛みが和らぎます。決して無理をしないことです。少量のカフェイン症状を和らげるのに効果がありますので、必要に応じて摂取するとよいでしょう。ただし摂り過ぎは逆効果です。

このような症状が出るタイプの頭痛の場合は、日頃からマグネシウムやビタミンB2を摂取することを心がけるとよいです。どのような食品かというと、ひじきや海藻類、小魚、納豆やレバーなどです。和食中心の食生活を心がければ防ぐことが出来ます。また有機野菜にもマグネシウムが多く含まれているので、普段の食生活にプラスするとよいでしょう。

日頃から頭痛が頻繁におきる方の場合は、特にトレーニング中におきやすいですので、日頃からの食生活や生活習慣などで予防を心がけると、激しい頭痛がおきる可能性が低くなります。

加圧トレーニングで頭痛が治った事例紹介

加圧トレーニングで頭痛が治った事例をご紹介します。加圧トレーニングを行ったことによって頭痛が改善されるのは、主に血管などが緊張、収縮したことが原因でおきるときなどです。

日頃からデスクワークやスマートフォンなどを見続け、長時間同じ姿勢でいるために、血流が悪くなった為におきます。首の後ろや肩がこり、背中などがこわばります。精神的なストレスが原因でもおこります。

締め付けられるような痛みが長時間続く症状が特徴です。こういう症状が頻繁におきる方は、血流が悪くなっているので、日頃からストレッチを生活の中で取り入れるか、加圧トレーニングを行うことがおすすめです。

といっても、痛みのある時にトレーニングを行ってはいけません。痛みのない時に、定期的に加圧トレーニングを行うことによって、血流をよくし、収縮した血管が広がります。部分的なマッサージでも効果はありますが、マッサージは、効果があるのはその時だけで、少し経つとまた元に戻ってしまうので、血流が滞りにくい身体を作る必要があります。

実際に30代の女性の方で、ダイエット目的で加圧トレーニングを始めて、5ヶ月ほどしたときに、体重が10キロほど減少し、腕や脚がひきしまり、ダイエット効果が出た上に、日頃から悩まされていた肩こりや肩こりが原因でおきる頭痛に悩まされなくなったことに気がついたという事例があります。

また40代男性の方で、加圧トレーニングを始めて9ヶ月で、若い頃の体型を取り戻すことができ、デスクワークの為に日頃から度々おきていた頭痛がでるほどの肩こりがなくなったそうです。体力が向上し、仕事の効率が上がったという方もいます。

しかし加圧トレーニングをしてもなかなか症状が改善されなかったり、逆に症状が悪化してしまったり、いつもと違う痛みだと感じたら、病院に行って医師の診断を仰いでください。

まとめ

加圧トレーニングによって、頭痛が引きおこされるのは、激しいトレーニングを行ったときと同様で、血管が広がり神経を刺激しているからです。痛みの原因を知り、日頃から食生活などで予防できることは、予防しておくとよいです。

また、種類によっては、加圧トレーニングで頭痛がおきにくい身体にすることも出来ます。いずれにしろ、どのタイプの頭痛なのかを知り、日頃から予防できることは、予防して、健康で理想的な身体を目指しましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。