• > 
  • 加圧トレーニングで筋トレをする際の効果的なプロテイン摂取方法

加圧トレーニングで筋トレをする際の効果的なプロテイン摂取方法

筋肉を増やすためにトレーニングをしている人やダイエットをしている人はプロテインを摂取するというのは、もはや当たり前になってきています。しかし一般の人にとっては理想的な身体を作るために良いものであるということはなんとなく知っていても身近なものではありませんし、どのように摂取すれば良いのかもきちんと理解はされていません。そもそもどのような役割をするものなのか、効果を高めるための摂取方法や選び方などについてお伝えしていきます。これから始めてみようと考えている方はもちろん、すでに摂取しているという方は確認の意味でもぜひチェックしてみてください。

プロテインとは

そもそもプロテインとは何なのでしょうか?言葉は聞いたことがあり、何となく筋トレをする人やアスリートが飲むものというイメージを持っている人は多いでしょう。日本語に訳すとたんぱく質を意味しており、食品に属しています。筋肉はもちろん、内臓や骨、血液から髪の毛、皮膚や爪まで人間の身体というのはたんぱく質から出来ていると言っても過言ではありません。たんぱく質が足りない状態になると、身体の中の様々な部分が上手く機能しなくなってしまいます。もちろん食事から摂取することが出来る栄養素ではありますが、食事から摂取する量では十分ではありませんので、それを補うために摂取するものです。

筋トレなどの運動をしている人やアスリートが飲むものというイメージが多いのは、通常の生活であれば体重1kgに対して1g程度で足りますが運動をしているとその量では不十分であり1kgに対して2gは摂取することを推奨されています。すなると食事からの摂取だけでは難しいのでプロテインを利用しなければいけなくなるからです。

原材料によっていくつかの種類があり、それぞれ目的に合わせた摂取が必要になります。1つ目は牛乳から作られているホエイプロテインです。低カロリーでありながらぎゅっと栄養素が詰まっていて、水に溶けやすく吸収が早いというのが大きな特徴です。運動直後はたんぱく質が不足しますので、この時に補給するのにおすすめです。

2つ目は同じく牛流を原料として作られているカゼインプロテインです。チーズやヨーグルト作る際に液体から固形に固めるための成分です。特徴としては水に溶けずに、固まりやすいということがあります。おすすめは夜寝る前に摂取することで、これによってたんぱく質を身体にゆっくりと蓄えることが出来ます。またこれ自体もエネルギーとなるたんぱく質であり、他の物質と結びついて固形となることで消化吸収がされにくくなりますので満腹感が続きます。ダイエット目的で運動をしている人で、間食がやめられないという方が摂取するのにもおすすめです。

3つ目は大豆を原料として作られているソイプロテインです。摂取してから吸収されるまでに6時間程度の時間がかかり、満腹感を得やすいです。摂取しながら適度な運動をすると脂肪を燃やしながらしっかりと筋肉を付けていくことが出来ます。

このように3つの種類がありますが、1つだけで摂取するよりも目的やタイミングに合わせて組み合わせながら摂取していくことでより効率よくたんぱく質を吸収できるようになります。

加圧トレーニングの効果を高めるためには?

加圧トレーニングは低い負荷でもしっかりとトレーニングの効果を得ることが出来る非常に有効なトレーニング方法ですが、その効果をより高めるためにはどうすれば良いのでしょうか?いくつか方法はありますが、その中の一つがプロテインを併用するということです。

トレーニングの効果を引き出すために重要なことは、必要な栄養素を補いながら行っていくということです。筋肉を作っていくためにはその材料となるたんぱく質が必要不可欠であり、不足してしまっているといくら頑張ってトレーニングを行っても求める効果を得ることは出来ません。たんぱく質は人間が生きていくために身体中の様々な部分で必要不可欠なものですので、不足した状態であれば重要度の高い部分に優先して使われていきます。すると筋肉の生成や脂肪の燃焼といった部分は後回しになってしまいますので、トレーニングに求める効果をきちんと得るためには十分なたんぱく質を必ず摂取しなければならないのです。またプロテインはたんぱく質を非常に豊富に含んでおり、食事から摂取するよりもずっと効率的に質の良いたんぱく質を摂取することが出来ます。

より高い効果を得たいのであれば、トレーニングが終了してから30分以内に摂取することをおすすめします。トレーニングをすると筋肉に負荷がかかり金繊維がダメージを受けます。このダメージを修復するのがトレーニング後30分というタイミングであり、栄養の吸収率が最も活発になる時間だからです。このタイミングでたんぱく質をしっかりと摂取すると、筋線維がうけたダメージの修復を早くすることができ、筋肉を増強することが出来ます。ダイエット目的で加圧トレーニングをしているという人もこのタイミングで摂取すれば、脂肪の燃焼を促進することが出来ますので良いです。

また加圧トレーニングは週に1日程度の頻度で行うものですが、トレーニングをしない日であってもしっかりとたんぱく質を摂取することでより高い効果を得ることが出来ます。トレーニングをした後というのは数日間は筋肉を生成しやすい状態になっています。トレーニングをしたその日はもちろんですが、それ以外の日でも積極的にたんぱく質を摂取するようにしましょう。

選び方や注意点をチェック

それでは選び方と摂取する際の注意点について見ていきます。少し前までは筋トレを行う男性やアスリートが摂取することがメインでしたが、今では様々な運動をする人、ダイエットをしている人や女性なども摂取するようになりましたので非常に多くの種類が販売されています。

選ぶポイントとしてはまず味です。頻繁に摂取するものですので、味が合わなければ飲むのが嫌になってしまいますし負担になってしまい継続して摂取することが出来なくなってしまいます。 昔はプレーンやココア、ストロベリーくらいの選択肢しかありませんでしたが、今ではバナナやマンゴー、ティラミスや抹茶など本当に沢山の種類のものが売られています。自分の好みの味も見つけやすくなっていますので、継続して摂取し続けることが出来るものを選ぶようにしましょう。いくつかの味を組み合わせて利用することも、飽きずに続けていくことが出来るのでおすすめです。

価格については高いものから低いものまで実に様々です。高いものの方が良いものであるというように思ってしまうかもしれませんが、高いものであれば良いということは決してありません。値段の高いものは、製法や材料にこだわったものも多いですが、値段の安いものでも高品質のものというのは多く売られています。値段だけを基準にして選ぶのではなく、材料や成分など中身をしっかりと吟味して選ぶようにしてください。

注意点としては、まず自分の体質との相性を必ずチェックするということです。体質によっては合う物、合わない物があり合わない物を摂取するとアレルギー症状が出てしまい最悪の場合には命を危険にさらしてしまうことすらあります。牛乳や卵、大豆などを原料として作られたものがありますので、いずれかにアレルギーがある人は違う原料で作られたものを選ぶようにしてください。

また過剰に摂取することにも注意してください。いくらたんぱく質が身体によいもので、生きていくために必要不可欠なものであるとは言っても摂りすぎはよくありません。過剰に摂取してしまうと内臓に負担がかかってしまい病気になってしまうこともありますし、余分な分が中性脂肪となり肥満の原因にもなってしまいます。適切な量を摂取するということを意識しましょう。

まとめ

プロテインはたんぱく質を豊富に含んだ栄養補助食品であり、食事からの摂取では足りない分を補うためにとても役に立つものです。たんぱく質は筋肉はもちろん身体の様々な部分を構成する非常に重要な栄養素ですので、不足してしまうと色々な機能に不具合が出てきてしまいます。

加圧トレーニングのような運動をしていると通常の生活のみをしている時に比べて、より多くのたんぱく質が必要となってきますのでプロテインを取り入れながらトレーニングを行うとしっかりと効果を得ることが出来ます。

さらにより高い効果を得るためには、トレーニングをした後30分以内に摂取することやトレーニングをしていない時でも積極的に摂取するということがおすすめです。様々な種類のものが売られていますので、自分の好みや体質に合っているかを比較しながら継続して摂取していけるものを選んでいくと良いでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。