• > 
  • 加圧トレーニングは筋トレと併用して効果絶大

加圧トレーニングは筋トレと併用して効果絶大

加圧トレーニングと筋トレを併用して行うとどれほどの効果が出るのでしょうか。また、筋トレを行うのは、加圧トレーニングを行う前のほうがよいのか、後の方がよいのか、タイミングの違いとその効果の違いを検証しました。また、他に何をするのがよいのか、どのタイミングで行うとよいのか、どのようなことに気をつけると最も理想の身体作りに効果的なのか、加圧トレーニングを行っていない時間も含めた注意事項などについてまとめました。

加圧トレーニングで筋トレの効果を期待するなら空腹は厳禁

ダイエットを目的としていて、加圧トレーニングを行っている人の中には、食事制限をしている人も少なくないかもしれませんが、効果を出すには、食事は摂った方がよいです。

ただし、直前や直後は避け、トレーニング前の2時間くらい前が最も効果的です。この時に摂取したエネルギーをトレーニング中に燃焼させ、筋肉を作ります。この時に使えるエネルギーがないと筋肉を作ることができません。また、体内に何もない常態だと、低血糖状態になる場合もあり危険です。ですから、トレーニングの前には、軽く食事をすることをおすすめします。

食事の内容は、エネルギーが作りやすいたんぱく質を中心に摂取すると効果的です。肉や魚、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を取り入れるとよいです。また吸収を助ける作用のあるミネラルやビタミンを一緒に摂取するとより効果的です。

加圧トレーニングを行う前に筋トレを行うとより効果的です。というのも、トレーニングを行っている筋肉へ血液を送り込むことで、筋肉が作られます。事前に筋トレを行うことで、既にその筋肉に血液が集まっています。その血流に制限をかけることによって、少ない負荷で成長ホルモンが分泌されるのです。圧を低くかけても充分に効果が得られます。

加圧トレーニングを始めたばかりの人や、怪我などで圧をあまり強くかけられない人は、筋トレと併用することをおすすめします。慣れている人や、更にムキムキの筋肉を作りたい人も、筋トレと併用することでより効果が期待されます。

トレーニング後は、栄養を吸収しやすい状態となっているので、トレーニング後にお腹がすいたとしても、すぐには食べない方がよいです。そういう時は、温めの白湯がおすすめです。1杯の白湯が胃に優しいだけでなく、脂肪燃焼効果を高めてくれます。何も飲まないと水分不足になってしまいますので、トレーニング中も冷たい水よりもぬるめの白湯が一番効果的です。

加圧トレーニングはトレーニング時間以外のすごし方が肝

加圧トレーニングは、1度行うとあとは放置していても理想の身体が作れるというわけではありません。定期的なトレーニングと日々の努力が必要です。トレーニングは、毎日行うわけではありませんので、トレーニングとトレーニングの間の期間、何をして過ごすかが肝心です。

加圧トレーニングを行った直後は、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を行うのがおすすめです。トレーニング後、脂肪が燃焼しやすくなっているので、普通に有酸素運動を行うよりも効果が高いです。ストレッチを行うのもよいでしょう。身体が温まっているので、筋肉が伸びます。日頃から肩こりや腰痛に悩まされている方は、ストレッチを行うことをおすすめします。そういったことも個人トレーナーは相談にのってくれるので、目指す理想の体型に近づく為に何をどのタイミングで行うと効果的なのかを相談するとよいでしょう。

筋肉ムキムキになりたい人には、加圧トレーニング後に、たんぱく質系のサプリメントを飲むことをおすすめします。女性の方で、必要以上に筋肉をつけたくない人は、プロテインはおすすめしません。水、または白湯が一番です。運動中は、清涼飲料水やカフェイン入りの飲み物は避けたほうがよいです。

これらのことは、トレーニングの前にやるよりも後にやったほうが断然効果的です。脂肪が燃焼しやすいタイミングで行うことで、より効果的になることがあります。

また、加圧トレーニングの前には、激しい運動や食事はしない方がよいです。まれに体調を崩す人もいるので、ジムの予約時間に遅れそうなので駅から走って来たり、これからカロリーを消費するからとトレーニングの前にお腹いっぱい食べたりということはできればさけましょう。

また、トレーニング後の筋トレはあまり意味がありません。筋トレを行うのならば加圧トレーニングの前で、自宅でも週に2、3回行うとさらによいでしょう。ただし、その日や翌日は避けたほうがよいです。

就寝前は疲れた身体をケアすることが大事

加圧トレーニングで使用した筋肉をやすませることも重要です。ゴムも伸びたままだとやがて役に立たなくなってしまいます。時には縮むことも必要です鍛えるために使用した筋肉は、緩めることが必要です。トレーニングをした日は、ゆっくり湯船につかり、疲弊した筋肉を癒してあげましょう。

もともと加圧トレーニングは、筋力の弱い人向けのトレーニングでした。身体を支えている筋力が衰えると、歩くのに支障が出たり、身体のどこかに痛みを感じたりします。そういった方に身体に負担をかけずに短時間で筋力をつけようというのが狙いでした。

もちろん健康体の人が行ってもなんら差し障りはありません。しかし、理想ばかり追い求めて自分勝手なペースで行ってしまうと逆効果です。むしろトレーニングを行っていない期間が重要です。

ダイエットをしたいからといって、極度な食事制限を行ってしまっては、トレーニングでもエネルギーが不足して、充分な筋力を作ることができません。必要な栄養補給心がけましょう。またトレーニング中は、水分補給が大事です。

トレーニングを行っていないときは、バランスのよい食事と質のよい睡眠をとることが重要です。日頃の生活をバランスよく行ったほうがよいです。加圧トレーニングを週に1度行っていても、毎日夜更しをしていて、栄養バランスのよくない食事を摂り続けていては意味がありません。週1度のトレーニングが身体に負担をかけてしまいますし、理想の体型に近づくことは難しいです。

自宅でも筋トレを行うことは、必要な筋力をつけるために必要ですが、必要以上にやりすぎては、トレーニングで疲弊した筋肉が回復する時間がありません。筋肉がかいふくすることによって、より強い筋力が身につくので、筋トレをする回数や開始時期は、トレーナーと充分に相談する必要があります。

まとめ

理想の身体を手に入れるための加圧トレーニングは、筋トレと併用するとより効果的であることが分かりました。しかし、筋肉は使いっぱなしだと強くなっていかないので、使うときと休ませるときのメリハリが必要です。

また、食事の内容やタイミングに気をつけることで、より理想的な体型を手に入れやすくなります。重要なのは、自分で勝手にメニューを決めずに、ジムやスタジオ以外での自宅トレーニングの内容もトレーナーと相談して決めることで、短期間で理想の体型になることが出来ます。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。