• > 
  • 加圧トレーニングをすると妊娠しやすくなる?具体的な事例は?

加圧トレーニングをすると妊娠しやすくなる?具体的な事例は?

子宮の冷えと、筋力の低下は、不妊の原因の一つと言われています。子宮が冷えていると卵子が着床しずらくなるので、妊娠しずらくなります。反対に血液の循環がよく、ある程度筋力があると、子宮が温められるので、妊娠しやすい身体になります。加圧トレーニングで、筋力をつけることも、血液の循環をよくすることも出来ます。加圧トレーニングと妊娠の関係、妊娠中のトレーニングについて検証します。

加圧トレーニングで妊活

身体の一部に負荷をかける加圧トレーニングを行うと、成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが、体内のホルモンバランスを整えてくれ、卵巣と卵子を若返らせてくれます。このホルモンバランスを整えることは、妊娠に至る必須条件です。生理が不順であった人も、このホルモンバランスを整えることで、同一周期で生理が来るようになります。

もちろん加圧トレーニングばかり行っていても効果はありません。加圧をして、筋肉を疲労させたら、筋肉を休ませることによって、筋肉が強くなります。これを回復期といいますが、一定の回復期をおいて、トレーニングをするのです。

この回復している間に、自律神経の乱れを直す必要があります。生活していく上で、満員電車で他者との摩擦があったり、必要以上の冷暖房効果による、身体の冷えやのぼせ、騒音などさまざまな外的ストレスに日々、さらされています。

それを朝日を浴びる、深呼吸をする、美しい旋律の音楽を聴く、洞窟のような僅かな薄明りと一定の音の中、睡眠をとるなどの自律神経を整えることをする必要があります。軽いストレッチを毎日行うのも効果的です。

1週間無理なく、加圧トレーニングとストレッチやノンストレス生活を送ることによって、妊娠しやすい身体を作っていきます。トレーニングは、長時間行ったり、体調が悪いのに無理して行う必要はありません。無理なく、短時間でリラックス出来る環境で行うことで、効果が表れます。

これらのことは、妊娠しやすい身体を作るというだけでなく、健康的な生活を送ることにもなります。せっかく妊娠しても、体力がなければ母子ともに危険な状態になりますので、日頃から、すこしずつトレーニングを重ね、体力や筋力が衰えないように注意する必要があります。

妊活は、女性に限ってのことだけではありません。男性も、加圧トレーニングを行うことによって、成長ホルモンが体内を活性化し、作られた活性酸素が細胞の酸化を防止させ、精子を精製するミトコンドリアも活性化してくれます。男性にも女性にも加圧トレーニングでの妊活は、効果があります。

実際に様々な妊活方法を試してみて、加圧トレーニングを試したところ、半年で効果が出たという事例があります。

妊娠中の運動で気をつけること

妊娠中は、激しい運動は避けた方がよいですが、軽い運動はむしろした方がよいです。しかし、加圧トレーニングは、血流を抑制するために、胎児に影響あを与えかねませんので、避けた方がよいです。

妊娠中は、どのような運動が適しているでしょうか。一般的には、ウォーキングや水泳やストレッチやヨガが妊娠中の運動によいと言われていますが、マタニティースイミングやマタニティヨガなど通常とは別のメニューで行うマタニティー専門のメニューがあります。いずれにせよ、講師の指示に従い、無理のない範囲で行う必要があります。

お腹をひねったり、圧迫する動きをしたり、転倒しやすい姿勢をとるのは危険です。また激しい運動も避けた方がよいです。球技など大勢で行うスポーツよりも、自分のペースで行える一人で出来る運動の方がよいです。

ジョギングのような激しい運動も避けた方がよいです。身体に負担が掛からないように、必要ならばかかりつけのお医者さんと相談しながら運動を行うとよいでしょう。

軽い運動を行うことによって、ストレス発散にもなり、気分転換になります。身体を動かすことによって、セロトニンという物質が分泌されます。セロトニンは、幸福物質といわれていますので、これが分泌されると精神が安定します。

また出産時に体力を使いますので、余計に筋肉をつける必要はありませんが、出産しやすい筋力を作っておいたほうが安心です。また筋肉をつけることによって、血行がよくなりますので、身体が冷えにくくなります。ただし、医師から止められている人や、安定期に入る前の妊婦さんは、安静にする必要がありますので、運動はしない方がよいです。

産後の加圧トレーニング

産後一月ほどたつと、体力も回復し、運動をすることができます。産後に体型を戻す為に加圧トレーニングを行う人も少なくはありません。普通のダイエットメニューだと時間もとられるし、まだ充分回復していない状態で運動を行う不安もありますが、加圧トレーニングだと下半身だけやイスに座ったままというトレーニングも出来るからです。

出産により環境が変わったことにより心身ともにストレスを感じる人も少なくはありません。なのでそういう時は、身体を動かした方がストレス解消になります。しかし、長時間外出することも出来ないでしょうし、まだ激しい運動もできません。

そういうときは、お子様連れ大丈夫なスタジオや自宅での出張トレーニングがおすすめです。トレーニング中も赤ちゃんを抱っこしたままトレーニングが出来ますので、目を離して不安だということがありません。加圧トレーニングによって成長ホルモンが分泌されるので、代謝がよくなり、お肌の調子もよくなります。

実際にこういう事例もあります。妊娠前に加圧トレーニングのスタジオに通っていて、出産時に体重が増加してしまっていて、産後半年で、加圧トレーニングを再開して三ヶ月で出産前も体型に戻ったというような人です。

また、赤ちゃんを抱っこしているので、肩こりがひどい人がトレーニング後には、肩こりが解消されたり、身体を動かすことによってストレスが解消されたと喜んでいる人もいます。

筋力がつくので、長い時間赤ちゃんを抱っこしても疲れにくい身体をつくることも出来ます。子育ては体力勝負なので、多少は体力を付けた方がよいです。短い時間で、多くても週に1回程度なので、気分転換にもなりますし、やらなければいけないという強迫観念もないので、気持ちも楽にトレーニングが出来ると喜んでいる人もいます。それに、加圧トレーニングを行うと、過度なダイエットの必要がないので、食事制限をすることなく好きなものを食べていても、理想の体型を維持することが出来ます。

まとめ

加圧トレーニングが妊活に効果があるというのは医学的にも立証されています。血流を制限、解放することによって、体内の血流をよくし、冷えにくい子宮を作ることが出来るからです。また、妊娠するのに必要な筋肉を養うことができます。

妊娠中の加圧トレーニングはおすすめ出来ませんが、産後の体力回復の為や、体型を戻す為には加圧トレーニングは効果的です。体型を戻すだけでなく、子育てによる腰痛や肩こりの改善ができるというのも、産後に加圧トレーニングをおすすめしたい事例の一つです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。