• > 
  • ダイエットには加圧トレーニングと有酸素運動のどちらが効果的?

ダイエットには加圧トレーニングと有酸素運動のどちらが効果的?

有酸素運動が健康に良いという言葉をよく聞きます。特にダイエットを行うのであればおすすめの運動だとも言われます。漠然と良いイメージを持っていたとしても、一体どういった効果をもたらしてくれる運動であるのかを理解していますか。

加圧トレーニングなどの無酸素運動、そして有酸素運動、果たしてどちらがダイエットに効果的なのか。両者の違いや関係性を説明します。

 

有酸素運動とはどんな運動?

有酸素運動と無酸素運動という言葉をよく聞きます。特に普段からあまり運動をしない人にとっては、どのような違いがあるのか分からない筈です。

無酸素運動とは短時間でも即効性の高い強度な筋肉を鍛える運動を意味します。トレーニング中に酸素を必要とせず糖をエネルギーとして筋肉を鍛える事から無酸素運動と呼ばれたりします。加圧トレーニングをはじめ、短距離走や筋トレ、ウエイトリフティングなど、短いスパンで瞬発的な筋肉を動かすこれらの運動が無酸素運動に分類されます。

反対に、有酸素運動とは長時間のスパンで持久力を鍛える運動を指し、脂肪をエネルギーとしてゆっくり時間をかけて燃焼していきます。ジョギングや水泳、ウォーキングなどの運動がこれにあたります。

 

有酸素運動が体に与える効果

体脂肪を燃焼させる有酸素運動は、血中の悪玉コレステロールを抑制させ中性脂肪を減らす効果を与えてくれます。悪玉コレステロールの増加は深刻化すると動脈硬化などの病気を引き起こしかねません。特に中年以降は仕事やストレスで生活習慣が乱れがちにもなる為、これらを抑制する運動が欠かせないのです。

また、脂肪をエネルギーとして鍛える運動ですので、余分な脂肪を落とす事を目的としたダイエットにはまさに打ってつけのトレーニングです。酸素を取り込みながらトレーニングするので、心肺機能の強化にも繋がり、血流も良くなるので冷え性などにも効果を発揮します。

一定の時間で毎日無理なく運動できるので、ストレスの解消に繋がるなど、心身ともに健康的な毎日を実現してくれる運動なのです。

 

加圧トレーニングと有酸素運動の相乗効果について

筋トレと有酸素運動の組み合わせはダイエットにとても効果的であると言われています。これは、筋トレによって成長ホルモンが分泌されると血糖値が上昇し脂肪が分解され血中に放出される事に起因します。この時は脂肪は分解されるのみであり、燃焼されませんが、ここで脂肪をエネルギーとして燃焼させる有酸素運動を取り入れる事で、脂肪燃焼は普段の運動以上に効率良く行われます。

加圧トレーニングは成長ホルモンの分泌を特に促進させるトレーニングですので、ダイエット中のメニューに取り入れてみるのとみないのとでは結果は大きく異なります。よって加圧トレーニングと有酸素運動、どちらがダイエットに効果的であるかという事ではなく、どちらも取り入れる事が最適な方法という事になります。

大事な点が、筋トレを行った後に運動をするというこの順番。順番が違えば脂肪燃焼の効果は十分に出ないので注意が必要です。

 

まとめ

有酸素運動は時間をかけて行える運動です。きついトレーニングではない上、ペースも自分で決められるので、普段運動が得意ではないという方や高齢の方でも持続でき、ストレスを和らげる効果も発揮してくれます。

更にダイエットとしても最適な運動であり、特に加圧トレーニングなどの成長ホルモンを多量に分泌させてくれる無酸素運動と合わせると絶大な効果を発揮してくれます。

今以上にダイエット効果を得たいという人や、基礎代謝を上げて痩せやすい体作りを目指している人に、両者をかけ合わせたトレーニングをおすすめします。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。