• > 
  • 加圧トレーニングでダイエットしているのに痩せない!?その理由とは

加圧トレーニングでダイエットしているのに痩せない!?その理由とは

「ダイエット用にと加圧トレーニングを始めてみたものの、反対に筋肉がついて大きな体になってしまった」「全然痩せない」そんな悩みを抱えていませんか。

実は加圧をしても、痩身という点においてはあまり効果を発揮しないのです。それでも加圧でトレーニングを行うには何らかしらのメリットがあるのでしょうか。調べてみました。

 

加圧トレーニングはダイエット向きではない!?

ダイエット方法の1つとしても紹介される加圧トレーニングですが、トレーニングを始めると「筋肉ばかりが太くなって、細身の体になるどころか、以前にも増して体ががっちりしてしまった」などの意見を多く聞きます。確かに、通常のトレーニング以上に短時間で効率よく筋肉を鍛える、という事を目的とした加圧トレーニングにおいて、ダイエットだけを目的とするのは少々無理があります。そもそも加圧はダイエットに最適なトレーニング方法というわけではありません。寧ろ、ダイエットを行う上で減少しがちな筋肉を維持する為に、短時間で効率よくトレーニング出来る最適な方法、なのです。

痩せたいからといって闇雲に食事制限をして体重だけを落としたとしても、不健康で脂肪の付きやすい体質は改善されていませんよね。根本的な体作りを行う為には、食事制限と並行してトレーニングを行う必要があるのです。そこで打ってつけのトレーニング方法が、短時間で効果を発揮出来る加圧トレーニングなのです。

 

加圧トレーニングに向いていない人と注意点

加圧トレーニングの特徴は、ずばり短時間で結果を出せる事。また他の筋トレなどとは違い、マンツーマン指導でトレーニングを行う事。そして苦しいトレーニングに苦手意識を持っていた人でも簡単に出来る事などが挙げられます。つまり加圧トレーニングに向いている人とは、これらの特徴に沿った人と考えられます。

いわば、短時間でも効果を発揮したい人。自分ではトレーニングメニューを考えられない、または1人でトレーニングやダイエットをしているとどうしても継続して取り組めない人。そしてトレーニングや運動自体苦手な人などですね。

反対にトレーニングに向いていない人とはこれらとは正反対の人という事になります。また加圧トレーニングを行うと、頭痛などの体調不良に陥る人もいます。頭痛持ち、貧血傾向にある人はあまり向いていないと言えます。

 

正しい加圧トレーニング方法を身に着けよう

血流を抑制する加圧トレーニングは、一歩間違えると大変危険なトレーニング方法です。ダイエットと並行して行っているという女性も多いでしょうが、体重が落ちている状態で行うと、体に負担がかかってしまう可能性もあるので十分注意が必要です。

例えば血流量を減らす事で貧血や頭痛、四肢の痺れなどの症状が現れる事も。注意点は他にも、専用のベルトや器具は本当のトレーニング用の器具を購入出来ているのでしょうか。現在ネットでは類似した商品がたくさん出品されており、加圧の器具もたくさんの類似品が出現しています。正しいトレーニング方法を身につける為には、まずは正しい器具を揃えましょう。

多少お金がかかったとしても、専門のトレーナーの下でトレーニングを行うのがおすすめです。自分は分かったつもりでいても、ベルトの締め方や時間の計り方はプロにしか分からない部分も多く、自己判断で行うのは危険です。

 

まとめ

加圧トレーニングは、成長ホルモンと呼ばれる骨や筋肉の回復を助けてくれるありがたいホルモンもたくさん分泌してくれる事が知られています。痩せやすい体を作っておきさえすれば、一度体重を落とした後でどれだけ食べても脂肪燃焼率や基礎代謝率は維持され、綺麗な体をキープしてくれます。

他のトレーニングであれば毎日のように通う事が前提ですが、低負荷で高効率の加圧トレーニングでは大体週1回程度で済みます。是非自身のダイエットにも取り入れてみてください。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。