• > 
  • 加圧トレーニング時におすすめの服装教えます

加圧トレーニング時におすすめの服装教えます

トレーニングをする際にまず準備するのは、着用する洋服かと思います。スポーツウェアを販売しているお店に行けば、様々な種類のものが販売されていますのが行うトレーニングによって着用するべきものは違っています。加圧トレーニングを行う際にはどのようなものを着用すれば良いのでしょうか?ウェアを選ぶ際に注意するべきポイントというのは何なのか、着用するものによってトレーニング効果に影響があるのかについてまとめています。

これからトレーニング用のウェアを用意しようと思われている方は、購入する前にぜひチェックしてみてください。

どのような服装が良いのか

まずはトレーニングを行う際に着用するウェアの選び方について見ていきましょう。何を着てトレーニングを行うかによって快適に行うことが出来るか、集中することが出来るかにも影響が出てきますので何を着ても変わらないなどとは思わずにきちんとポイントを押さえて選んだ方が良いです。

まず重要になるのが着用感の良さです。トレーニング中は身体を動かす度にウェアと肌が擦れますので、肌に刺激がなく肌触りの良い素材で作られたものを選んだ方が良いです。そしてあまり締め付けがなく、身体を動かしやすいものを選ぶようにします。トレーニングウェアの中には身体にぴったりとフィットするタイプのものもありますが、少し余裕のあるものを選ぶことでより快適に動くことが出来るようになります。

そして速乾性もチェックしたいポイントです。トレーニングを行うと、多くの汗をかきます。すぐに乾燥してくれるものでないと、べたべたして身体に生地がまとわりついてしまいます。不快感を伴いますし、動きづらくもなりますので通気性が良く、汗をすぐに乾かしてくれるような素材のものを着用しましょう。素材としてはポリエステルなどの合成繊維がおすすめです。吸水性や速乾性に優れていますし、とても丈夫ですので激しい動きをしても生地を傷めにくいです。より速乾性を求める方は、専用に作られた繊維を使用したウェアも出ていますのでそういったものを選ぶことをお勧めします。

さらにウェアと自分の身体のフィット感も確認しておくと良いです。自分の身体に自信のある方はピタッとフィットするようなものを着てトレーニングを行いたいと思うかもしれませんが、ダイエット目的で気になることがある方などは少しでも隠したいと思われるのではないでしょうか?そういった方は自分の身体のサイズよりも大きなダボっとしたウェアを選びがちですが、あまりにも身体のサイズに合わないウェアを着てトレーニングを行うことはよくありません。上手く動くことが出来ずに効果を得られなかったり、ケガをしてしまう恐れがあるからです。不必要にフィットしたものを着る必要はありませんが、少なくとも動きを妨げないようなものを着るようにしましょう。

服装についてはこれを着なければいけないというものはありませんし、基本的には自由に選択することが出来ます。トレーニングをした際のことをよく考えて、自分に合ったものを選びましょう。

注意するべきポイント

加圧トレーニングをする際に着用するトレーニングウェアは、基本的には自分の好みや快適さに合わせて自由に選択することが出来ます。しかし選ぶ際に加圧トレーニングを行うからこそ注意するべきポイントというものがありますので、チェックしていきます。

加圧トレーニングが他のトレーニングと大きく異なる点というのは、加圧ベルトを使用するという点です。腕や脚に加圧ベルトを装着して適切な圧力をかけて、血流をコントロールしながら身体を動かしていきます。それによって低い負荷で短期間のトレーニングであっても高い効果を得ることが出来ます。ですから加圧ベルトが適切に装着できるかということが非常に重要となってくるのです。トレーニングウェアを選ぶ際には、加圧ベルトを適切に装着することが出来るかという視点を持って選ぶ必要があります。

まずトップスですが、加圧ベルトから肌を守るという意味でもノースリーブやタンクトップタイプのものは避けるようにします。出来ればベルトの装着部分までは袖のある半袖のものが良いです。また厚みのある生地ですときちんと圧力をかけることが出来ませんので、比較的薄めのものを選ぶようにします。長袖を着用したいという方は着ても問題はありませんが、圧力をかける際には血管を確認しながら行いますので袖をまくって確認が出来るようにあまりにもフィットしたタイプのウェアなどは避けましょう。

次にボトムスについてですが、トップスと同じ理由で短すぎる短パンは一番おすすめできません。圧力がきちんとかかる比較的薄い生地で、腿をしっかりと覆う丈のハーフパンツがお勧めです。ヨガを行っている女性などはヨガウェアをそのまま使用したいと思われるかもしれませんが、もしサルエルパンツのようなゆったりとしたシルエットのものを使用しているのであればそれをそのまま使用するのはやめた方が良いです。加圧ベルトを巻く際に、生地のたるみが邪魔をしてしまうのでしっかりと装着することが出来ないからです。

さらに女性は下着についてもきちんと考えて選ぶようにするべきです。普段使用しているようなワイヤーの入ったタイプのブラジャーをそのまま使用するのはあまりよくありません。トレーニング中の動きで痛みを感じることもありますし、上手く動けないことがあります。ノンワイヤーのものやスポーツブラも今では様々なタイプのものが販売されていますので、そういったものを選べばより快適にトレーニングを行うことが出来ます。

服装選びが効果を左右する!?

ここまでトレーニングをする際に着用するべきおすすめのウェアや選ぶ際のポイントについてご紹介してきましたが、実際に着用する服装によってトレーニング効果に差は生まれるのでしょうか?

結果から言うと着用するものによって、トレーニングの効果というのは大きく左右されます。まずトレーニングへの集中力や意欲が変わってきます。着ていて不快感のあるものを着ていたり、身体が動かしにくいものを着たままトレーニングを行うとそのことばかりに意識が行ってしまいトレーニング自体に集中することが出来ません。筋肉を鍛える際には、自分がいまどの筋肉に負荷をかけていてどの筋肉を鍛えているのかということをしっかりと意識しながら行うということが非常に重要になります。しかし意識がトレーニングウェアの方ばかりに行ってしまっていては全く集中していませんので、効果が減少してしまいます。

また加圧トレーニングに関しては加圧ベルトが適切に装着できていて、きちんと圧力をかけることが出来ているかということによってトレーニングの効果がしっかりと出るかどうかが変わってきてしまいます。同じようなトレーニングをしていたとしても、きちんと圧力をかけることが出来ていなければ、効果は出なくなってしまうのです。着用しているトレーニングウェアによっては、加圧ベルトを装着する妨げになってしまうものもありますので注意が必要です。

そして着用することによって大きくトレーニングの効果を高めることが出来るウェアというものもあります。それが加圧効果のあるものです。近年非常に人気があり、多く販売されているもので特殊な繊維を使用して作られているのでウェア自体に着圧効果があります。あまりイメージがわかないという方もむくみを解消するための着圧ソックスはご存じなのではないでしょうか?それと同じ仕組みで作られており、着るだけで筋肉引き締めることが出来ます。加圧効果のあるウェアを着てトレーニングを行うことで、基礎代謝も上げることが出来ますしより低い負荷で高いトレーニング効果を得ることが出来ます。

まとめ

新しいトレーニングを始める際には、どのような服装で行ったら良いのかということに悩んでしまう人も多いです。基本的には自分自身が快適に使用することが出来て、運動を妨げないものであれば自由に選択して着ることが出来ます。

加圧トレーニングに関しても同様ですが、他のトレーニングと違って加圧ベルトを装着して圧力をかけながら行うものでありそれがきちんとできなければトレーニングの効果を得ることが出来ません。そのためにベルトから肌を守るようなものでありながらも、ベルトを装着する際に妨げにならないものというポイントを押さえてウェアを選んでいく必要があります。

同じトレーニングを行っていたとしても、着用するウェアによって得ることが出来る効果は大きく変わってきてしまいますので安易に選ぶのではなくきちんと考えて選ぶようにしましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。