• > 
  • 加圧トレーニングの際の食事に制限はあるのか?

加圧トレーニングの際の食事に制限はあるのか?

身体を鍛える際に必要となるのは適切なトレーニングと食事制限です。そのどちらが欠けても良い結果を得ることは出来ません。トレーニングの内容によっては摂取してはいけないものがあったり、摂取してはいけない時間があったりと制限がある場合があります。では加圧トレーニングをする際にはそういったものはあるのでしょうか?適切な効果を得るためにはどうしたら良いのか、せっかくのトレーニング台無しにしてしまうものはあるのかについて説明していきます。これからトレーニングを始めてみようと思っている方、すでに行っているのになかなか思うように結果が出ないという方はぜひ読んでみてください。

黄金ルールとは?

加圧トレーニング行う際にしっかりと結果を出すためにはいくつかのルールを守る必要があります。それは摂取する食事についてのものが多く、黄金ルールと呼ばれています。重要なポイントとなりますので、いくつかご紹介していきます。

まずトレーニングを始める際には、空腹状態ではなく何かしら摂取した状態で行うようにしましょう。何も摂取しないままトレーニングを行ってしまうと貧血状態になってしまったり、気持ちが悪くなってしまうことがあります。またエネルギーが何もない状態ではパワーがでませんので、十分に身体を鍛えることが出来なくなってしまいます。しかしあまりにもお腹いっぱい食べて胃に内容物が多くある状態で行うのもよくありませんので、最低でもトレーニングを始めるまでに30分、可能であれば2時間程度は空けるようにしましょう。不安な方はフルーツや栄養ゼリーなどを摂取するのもおすすめです。

次に加圧トレーニング後には有酸素運動を組み合わせて行うようにしましょう。圧力をかけてトレーニングを行うと通常時よりもはるかに多い量の成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンの働きによって筋肉量を増やしたり脂肪を燃焼する効果が高まるのですが、成長ホルモンが最も多く分泌されるのはトレーニングを終えてから15分後程度時間がたってからなのです。このタイミングでウォーキングやストレッチなどきちんと酸素を身体に取り込むことが出来る運動を行うことによってより高い効果を得ることが出来ます。

最後にトレーニングを終了した後には質の良い食事をきちんと摂るということです。とくにダイエットを目的としてトレーニングを行っている方に多いのですが、トレーニングをした後には食事胃をしないという方がいます。これはせっかく頑張ってカロリーを消費したのに食べてしまうと無駄になってしまうというように考えてしまうことが要因となっています。

しかしこれは間違った意識です。正しく痩せていくためには、ただ脂肪を燃焼させるだけではなく筋肉を付けて代謝をあげていくことが必要になります。筋肉を付けるという意味でのトレーニング効果をきちんと得るためには、疲労した筋肉を修復して増強させることができるように必要な栄養素を摂取しなければなりません。しかしなんでも食べて良いというわけではなく、必要な栄養素がきちんと摂取できる質の良いものを摂るようにしましょう。

そのほかにもいくつかのルールがありますがこれらをきちんと守りながらトレーニングを行うことによって、最大限に効果を引き出すことが出来ます。

トレーニングの効果を高めるためには

加圧トレーニングをした際にその効果をきちんと得たり、より高めるためは摂取する食事についても意識をすることが大切です。トレーニングを行う前と行う後ではそれぞれ気にしなければいけないことが変わってきますのでそれぞれチェックしておきましょう。

トレーニングを行う前に気をつけるべきことはまず身体に負担がかからないように軽食であれば30分程度、ある程度の量を摂取したのであれば消化がきちんとできる2時間くらいは時間を空けてからトレーニングが出来るようにしっかりと予定を立てましょう。また空腹の状態でトレーニングを始めることはおすすめできません。トレーニングをする際に糖質が不足した状態では本来はエネルギーとして使用されるはずの糖質の代わりに筋肉が分解されてしまいエネルギー源として使われてしまいます。これによっていくらトレーニングをしてもきちんと筋肉量が増えていかないということになってしまいます。バナナやリンゴ、おにぎりやパンなどはすぐに消化されてエネルギーになりやすいものを摂取することがおすすめです。

またトレーニングパフォーマンスを良くするため必須アミノ酸をしておくことも必要です。中でもBCAAと呼ばれる必須アミノ酸は、トレーニングをする際にエネルギー源となりますし、筋肉を増やすために必要な栄養素です。適切に摂取しておけばトレーニング後の疲労回復にも繋がりますので、積極的に摂るようにしましょう。鶏むね肉や牛乳、卵などに多く含まれますのでバランスよく取り入れるようにします。

トレーニングが終わった後は、トレーニングによって損傷した筋肉の修復を促すような栄養素を摂取すると良いです。筋肉を修復するためにはたんぱく質が必要となります。きちんと摂取することで筋肉を増強させることができます。食事をする際には肉や魚、卵や乳製品などたんぱく質が豊富なものを取り入れます。そしてミネラルやビタミンはたんぱく質の吸収率をアップさせますので、併せて摂取するようにしましょう。トレーニングをした後1時間前後くらいから筋肉は生成されていきますので、トレーニングから30分後くらいの時間から必要な栄養素を摂取するとより高い効果を得ることが出来ますので事前に容易をしておいてタイミングよく摂取することが出来るようにしておくことをおすすめします。

台無しにしてしまう食事には気を付けよう

積極的に摂取するべき栄養素や、食事の仕方についてご紹介しましが、逆にトレーニングの効果を台無しにしてしまうものもあります。せっかく頑張ってトレーニングをしたにも関わらずそれが食べ物によって無駄になってしまうようなことがあっては困りますよね。知らずに失敗してしまうことのないように、きちんと知っておきましょう。

注意すべきなのは加圧トレーニングをした後の食事です。トレーニングをした後というのは身体が栄養素を積極的に吸収しようとしますので、吸収率が非常に良くなっています。そのためにたんぱく質やアミノ酸など、必要な影響素を摂取すると十分に吸収されて非常に良いのです。

しかしそれは身体にとってあまり良くない栄養素であっても良く吸収されてしまうということだということを忘れてはいけません。特にダイエットを目的としている場合には脂質や糖質をたくさん取ってしまうとカロリーオーバーになってしまいますし、脂肪が蓄積してしまいます。お米やパン、麺類などの炭水化物、揚げ物や脂肪分が多いもの、お菓子やスイーツなどの糖分が多いものは注意して摂取するようにしましょう。

またお酒を飲むのも控えたほうが良いです。お酒に含まれるアルコールを摂取するとコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。このホルモンはトレーニングによってせっかく豊富になっている成長ホルモンや筋肉を増やすためのホルモンを阻害してしまうのです。そのためにせっかくトレーニングをしているにも関わらずしっかりとした効果を得ることが出来なくなってしまいます。アルコールは大量に摂取しなければ身体に悪いものではありませんし、お酒が好きな人も多いので完全に制限するのは難しいということがあるかもしれませんが出来ればトレーニングを行う日には摂取を控えた方が良いです。

まとめ

加圧トレーニングをするにあたって、絶対にしなければいけない食事制限というものはありません。しかしトレーニングの効果をきちんと得るためにはいくつかのルールを守ることが良いとされています。それはトレーニング前と後、それぞれの食事のとり方や摂取するべき栄養素についてのルールです。きちんとルールを守って食事をすることによって、トレーニングの効果を最大限に引き出すことが出来ます。せっかく頑張って行うのですから、少し面倒に思うかもしれませんがよく考えて食事をするようにしましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。