• > 
  • 男性と女性で加圧トレーニングの効果が出る期間は変わる?

男性と女性で加圧トレーニングの効果が出る期間は変わる?

加圧トレーニングは30分するだけでも、通常の筋トレ2時間分した時と同じような効果をえることができます。それは、腕や足の付け根にまくベルトに秘密があります。圧力をかけて、血流を制限する事で、比較的少ない負荷でトレーニング効果をえることができます。

この効果、男性の方が得やすいや、女性だと時間がかかるなど、男女で差はあるのでしょうか?一般的には男性の方が筋肉がつきやすい、女性は筋肉がつきにくく落ちやすいといったことも言われますが、加圧トレーニングの効果やトレーニング期間において差はあるのか、確認してみましょう。

加圧トレーニングの効果と持続時間

加圧トレーニングはベルトを巻き、圧力をかけて筋肉トレーニングをします。血流を制限して行うことで、筋肉が酸欠の状態になり、多くの中三が発生します。この現象は一般的な筋トレでも長くすれば起こる現象なのですが、一般的な筋トレでは2時間かかる所、加圧トレーニングでは30分ほどで起こります。トレーニング後、ベルトを外すと一気に乳酸が血液にのって全身を巡り、脳が乳酸が多くなっていることを察知します。そうすることで成長ホルモンが通常の状態の約290倍も分泌されます。

この成長ホルモンはトレーニングで傷ついた筋肉の修復を促し、修復されるときに筋肉は修復前よりもより一層大きな状態になります。これが筋肉量が増えることに繋がります。筋肉が成長すればその分、消費カロリーもアップし、基礎代謝が上がるので、ダイエットに良いと言われています。基礎代謝は何もしてなくても身体の代謝で消費されるエネルギーです。日常生活の中でカロリー消費量増える時間が多くなるのはダイエット中の人には嬉しい事ですね!筋肉の修復には2~3日かかるので、トレーニングは1週間に1~2回で筋トレの効果を得ることができます。

また、成長ホルモンは新陳代謝を高める作用もあり、肌の保湿効果、アンチエイジング効果が期待でき、見た目の若々しさを保つことや若返りを期待できます。その他、血流の改善によって、冷え性や肩こり、腰痛の改善、栄養が末端まで行きやすくなることから育毛効果もあると言われています。

これらの効果が発揮されるのは、トレーニング前の身体の状態や年齢差などによって個人差が見られますが、身体の構造が変わり始める3か月前後が目安になるようで、早い人で1カ月で効果を実感できるようです。3か月間を目安に、週に1回のトレーニングを30分、これを継続して続けていくことが大切になります。

男女で差が出る?

効果が出るまでに個人差があるようですが、男女の違いでトレーニング効果が出るまでに差が出るのでしょうか?結論から言うと、性別の違いで効果が出るまでの期間に大きな差は出ないようです。女性でも男性でも、始める人が多い理由が分かりますね。

効果が出てくる差に関係してくることの1つが普段の運動量です。例えば、普段から身体を動かしている、スポーツを趣味でしている人がパフォーマンス向上の為に加圧トレーニングを始めた場合と、普段デスクワークで運動不足の人がダイエットや運動不足の解消のために始めた場合とでは、同じような体脂肪率や筋肉量に達するまでにどうしても差が出てきますよね。

それでも、このトレーニングが女性なら持ち上げるのが大変なダンベルなどの筋トレを1~2時間もしくは、走り込みを2時間しなくても、加圧してのトレーニングを30分するだけで同じような効果を得られるので、体力がなく運動を続けるのに苦手意識がある、病気などでリハビリが必要だけど物を持ちあげるのにも力を要するような方にでも始めやすいトレーニングです。そういう点で、スタートラインに大きな差があっても、老若男女関係なくできるトレーニングとして注目されています。

また、差が出てくる原因にはトレーナーとの相性も関係してきます。加圧トレーニングには専門知識を持った方の下で適切に行うことが必要なのですが、同じ資格を持っていてもトレーナーとしての質にどうしても差がでてきますし、トレーニングを受ける人との相性もあります。そういったことから、結果が出る期間に差が生じることも否めません。このような場合、目安となる3か月が経過しても一向に効果が表れないと感じたのであれば、トレーナーを変えてもらう、もしくは別のジムに移ることも考えた方がいいかもしれません。

効果を出すための注意点

効果が表れるまでに性別による差はないにしても、効果を出すためには注意点が必要です。というのも、加圧トレーニングだけをしていればダイエット効果がある、ボディラインをよくするのに効果がある、というわけではありません。

推奨されているのは、有酸素運動と食事管理です。有酸素運動はトレーニング後にすると効果的に脂肪の燃焼を促すことができます。トレーニング自体は無酸素運動になるので、脂肪の燃焼自体にはそれほど効果がありません。なので、筋トレと合わせて有酸素運動をするとダイエットに効果的です。食事管理では1日3食の食べ、低糖質で高たんぱくな食事内容を心掛けることがトレーニングの効果を出す為に必要です。

また、トレーニングの後に高カロリーのものや糖質の高いものを食べるのは避けてください。トレーニング直後は栄養の吸収がかなりいい状態になってます。そこに高カロリーの食べ物や甘い物を食べると太りやすくなります。

また、安全に行うという点で、自己流ではなく、必ず専門家の下で行う必要があります。加圧しながらの運動は思っている以上に危険が伴います。間違った方法ですると血栓ができたり、血流不足によって失神する危険性があります。その他にも起こりえるリスクとして、めまい、吐き気、しびれ、皮下出血、細胞の壊死、心筋梗塞、脳梗塞が挙げられます。圧力をかけて、血流を制限していると、身体全体の酸素運搬能力が制限されているので、こういったリスクが伴います。トレーナーにはその日の体調なども相談して行うようにしましょう。

さらに、自己流でトレーニングをしてこういったリスクを回避できても、適切な圧力をかけることができなければ、効果も半減してしまう可能性があります。圧力が弱すぎてもトレーニング効果を得られませんし、強すぎると先ほどご紹介のリスクが出てくる可能性があるので、効果を実感できるトレーニングをするという点でも専門家の存在は必要です。

まとめ

加圧トレーニングは老若男女問わず始めやすく、また続けやすい筋肉トレーニングです。ジムに通うのも週1回で済み、1回当たりのトレーニング時間は30分で済みます。効果が出るまでの目安は個人差はありますが3か月で、根気よく続けることが必要です。

男性よりも女性の方が効果がでにくいなど、性別による効果の出方に差はないので、トレーナーと相談しながら、あなたに合ったメニューで続けることが大切です。加圧の程度など、やはり専門家でないと判断できないトレーニングでもあり、自己流でして効果がないばかりか危険なトレーニングになることもあるので、必ず専門家の下で行うようにしましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。