• > 
  • 持続することで筋肉に効果が出る!加圧トレーニングはどのくらいの頻度で行うべき?

持続することで筋肉に効果が出る!加圧トレーニングはどのくらいの頻度で行うべき?

普通に運動するよりも、短期間で効果が表れるというので人気の高い加圧トレーニングですが、一人では行えず、トレーナーの指導の下行うため、トレーニング料金もかかります。そのため毎日トレーニングを行うのは大変です。コストの問題以外にも、毎日やらない方がよい理由もあります。では、どのくらいの頻度で行うと最も効果的なのでしょうか。身体のメカニズムとトレーニングの頻度の関係性について検証してみました。

加圧トレーニングは、毎日やっても効果はありません

毎日やっても効果のない理由は、身体に負荷を掛けることによって、筋肉の一部や身体の一部を損傷させています。緩めることによって、身体は、その損傷を回復させようと分泌物をだし、回復させようとする作用が働きます。回復するときに、元々よりも強くなろうとします。そうすることによって筋肉が強固されます。

その回復期に当たるときに負荷をかけると、身体はさらに損傷をするので、回復する時期がありません。逆効果になってしまいます。ですから、一度身体を回復させるまで一定の期間をおかなければなりません。早く効果を出したいからと言って、頻繁にトレーニングを行うことは返って逆効果になってしまうのです。

この回復期間は人によって違いますが、一般的には、3日から1週間くらいといわれています。なので、加圧トレーニングを行うのは、週に1回というのを推奨しているトレーナーが多いです。人によっては10日に1度という人も。しかし開け過ぎてしまうと筋肉が完全にトレーニング前の状態に戻ってしまうので、適度な頻度で行う必要があります。

必ず何日に1度トレーニングを行ったほうがよいというわけではなく、その人の身体に合わせたトレーニングの頻度をトレーナーが教えてくれます。自分勝手に何日に1度と決めるのではなく、トレーナーの指示に従いましょう。

ダイエット効果を狙って加圧トレーニングをしている人は、1週間に1度からさらに頻度を下げた方がよいでしょう。でないと筋肉がつきすぎてしまうからです。また、トレーニングをしていない時間を有効的に使うことで、狙い通りの効果が期待できます。トレーニングをしていない期間に、ウォーキングなどの運動を行ったり、ストレッチをしたりすることで、ダイエット効果が上がります。

またいくら短期間で効果が出るといっても、1回2回トレーニングを行っただけでは効果は得られません。少なくとも、損傷と回復の反復運動を身体に染み込ませる必要があります。少なくとも、最低2ヶ月は続ける必要があるでしょう。

きっちりやってじっくり効果を待つ

加圧トレーニングは、1度にどれくらいの時間トレーニングを行うとよいでしょうか。身体に負荷をかけるので、長時間のトレーニングは身体に負担が掛かりすぎてしまいます。しかし3分や5分などの短い時間だとあまり意味がないです。

だいたい効果的なのは、1度のトレーニングにかける時間は、30分が効果的だといわれています。それも同じところばかりでなく、30分以内で、両腕と両脚をバランスよくトレーニングするのです。

ただ、重いバーベルなどを持ち上げたり、何度も肘を曲げ伸ばししたり、というようなハードな運動ではありません。圧をかけていないと運動でもなんでもないようなことが、圧をかけることによって、身体に負荷がかかり、筋肉に負荷がかかるのです。

このため、加圧トレーニングは、老若男女誰でもできるトレーニングだと言われ、スポーツ選手も取り入れています。加圧トレーニングだけでなく、日頃のスポーツトレーニングと併用して行うことで、瞬発力や持久力が鍛えられているのです。

ダイエット効果を狙った加圧トレーニングで、行う頻度も守り、やりすぎもせず、やらなすぎもせず、適度に運動を行っているのに効果が見られなかったという場合は、他に原因があると思われます。

加圧トレーニングを週に1度にして、その他に3日に1度はウォーキングをしていて、食事制限もしていて、空腹時にトレーニングをすると一時的には痩せますが、同時に筋力が落ちるので、結局は逆効果になってしまいます。食事を摂らないと、回復期に筋肉を回復させるエネルギーが作られないので、筋肉が作られません。ここでエネルギーが充分にあって筋肉が作られると痩せやすい身体になりますが、筋力が落ちてしまうと一時的には痩せますが、食事制限をやめると身体が食事のエネルギーを急激に吸収して、トレーニングをする前の身体に戻ってしまいます。

トレーナーの指導方法をきちんと守ると必ず結果は出ますので、少しやってみて効果がないと他の方法を試すのではなく、自分とトレーナーを信じて、結果を気長に待つということが理想的な身体作りの近道です。

理想の体作りにプラスアルファ

加圧トレーニングを定期的に行うことで、トレーニングを行った部分の筋肉は、確実に大きく、固くなります。女性の場合は、あまり筋肉質な身体になることを好まない人の方がほとんどだと思います。

女性が加圧トレーニングをする目的は、メリハリのある身体を作るためです。特に二の腕や太もも、ウエスト部分の脂肪を減らし、筋肉をつけることによって、引き締まった身体を作ります。

重いおもりを持ってトレーニングをする必要はありません。加圧ベルトを巻いて、血流を制限することによって、お尻や太ももに効果のあるトレーニングができます。

ウエストを引き締めるために、お腹にベルトを巻く必要はありません。トレーニングによって成長ホルモンが分泌されている状態で腹筋運動をするだけでよいのです。集団で行うのではなく、個々にトレーニングをしますので、自分の身体に一番合った方法でトレーニング出来るのが最大のメリットです。身体の大きさや筋肉のつき方、強さ、固さは、人それぞれなので、その人に合った方法をとれるというのが一番良いです。

また、トレーニングの最中に分泌される成長ホルモンによって、脂肪のつきにくい体にしてくれます。筋肉は、脂肪分を燃焼させますので、成長ホルモンが分泌され、筋肉が身体につくことによって、太りにくい身体になります。

また成長ホルモンは、治癒力を高めてくれる効果があります。怪我などからの回復が、加圧トレーニングを全く行っていない人に比べて、早く回復できるのです。

いくらダイエット効果がある、怪我が早く治るといって、がむしゃらにトレーニングしても効果はありません。トレーニングを行う頻度によって効果が変わってきます。自分の身体に合った適正頻度をトレーナーから教わり、それを遵守することによって、より効果的にトレーニングすることが出来ます。

まとめ

加圧トレーニングは、短時間で、毎日行わなくても、むしろ毎日行わないほうが効果が出ます。他の運動と比べて、比較的短期間で効果が表れるので、集中して効果を出したい人や、日々の生活が忙しい人でも行いやすいトレーニングです。

ただせっかく身体を作ったのに、すぐにやめてしまっては元に戻ってしまいますので、適正な頻度で行うことが理想の筋肉のついた身体を維持する秘訣だといえます。1回にかかる時間が短いので、比較的行いやすいのがメリットです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。