• > 
  • 健康的にダイエットしたい女性におすすめの加圧トレーニング!痩せるまでの期間は

健康的にダイエットしたい女性におすすめの加圧トレーニング!痩せるまでの期間は

加圧トレーニングは通常のトレーニングよりも軽い運動量で、かつ1回当たりのトレーニングの時間を短くしても効果が出やすい筋トレです。そのため、運動が嫌い、苦手という女性でも始める方が増えているそうです。

この加圧トレーニングでダイエットを試みる方もいます。目標値や現在の体重によっても期間は変わってきますが、加圧トレーニングでのダイエット方法や目安となる効果が表れる期間、気をつけたいことについて見てみましょう。

加圧トレーニングダイエットの方法

加圧トレーニングは専用ベルトをし、血流を制限する事で通常のトレーニングにはない効果を生み出すトレーニング方法です。加圧し、血流が制限されている状態で筋肉を動かすと乳酸や代謝物が溜まり易くなります。この乳酸などを何とかしようと、成長ホルモンがいつもの倍以上分泌される効果が期待できます。このような現象を通常のトレーニングで得ようとすると1~2時間以上運動し続けないといけないのですが、それを30分ほどで得ることができます。

成長ホルモンの分泌が何故いいいのか。

成長ホルモンが分泌されることで、傷ついた筋肉が修復され、筋肉が修復前よりも大きく成長します。これを繰り返すと筋肉量が増えるので基礎代謝が上がり、太りにくい体になりますし、同じような運動をしていてもよりカロリーが消費されやすい痩せやすい身体になります。また、基礎代謝が上がると、アンチエイジング効果も期待できるので、女性にとっては見た目の若さを保つことにも繋がります。

こういったことから、加圧トレーニングでのダイエットの目的としては、運動してその分の消費カリーで痩せるというよりは、筋肉を増やし、基礎代謝を増やすことで、太りにくい身体をつくることにあります。基礎代謝が高ければ、普段の食事で多少カロリーが高い物を食べても体に脂肪がつきにくくなります。

さらに、トレーニングの頻度も少なくていいので忙しい女性でも続けやすいトレーニングとなってます。ダイエット目的でジムに通うとなると1週間のうちに3回以上、1回当たり1時間以上運動し続けるというメニューをこなす方もいます。ジムに何回も通うとその分お金もかかりますし、仕事や家事が忙しい人でしたら何回も通うこと自体が負担で続けにくいことになりやすいです。その一方で、加圧トレーニングなら、週1回、1回当たり30分ほどでいいので、忙しい女性でも続けやすいです。

どれぐらいで効果を実感できる?

加圧トレーニングのダイエットでする場合、太りにくいかつ痩せやすい身体作りが目的だとお伝えしました。なので、トレーニングを続けるだけで痩せるというのは難しいということです。もちろんトレーニング中もカロリーを消費しますし、一般的生活習慣でしたら基礎代謝が上がった分多少は体重は落ちやすいですが、基礎代謝が急に倍になるわけではありません。

しかも、少しの運動量でいい、重たい物を持ちあげなくてもいいといっても、加圧しながらのトレーニング中はそれなりにしんどさもあるものです。しんどさがあると効果を期待しがちです。

なので、実際にどれぐらいで効果を感じられるかというと、トレーニングだけを続けても即効性はなく、やり方によっては体重が落ちたという効果を感じられないこともありえます。もちろん筋肉がつくという効果でしたら、早い人で2週間、目安として1~3か月で実感できるとされていますので、ダイエットの土台作りとしてトレーニングするのは有効です。

その上で、体重を落としていきたいとなるとプラスでしないといけないことが出てきます。並行してすることとしてお勧めなのが有酸素運動です。

有酸素運動は効率的にカロリーを消費してくれる運動です。息が切れない程度のジョギングやウォーキング、ストレッチも効果的です。トレーニングの後に取り入れるとダイエットに効果的です。逆に先に有酸素運動をしてしまうと、体脂肪の分解が進み、血液中の遊離脂肪酸が増えてしまうことで成長ホルモンの分泌が抑えられて、加圧トレーニングの効果が弱くなってしまうので注意しましょう。

また、先に無酸素運動をした場合、身体が疲れてしまい、トレーニングの方に集中できなくなる可能性があります。先にするのであればウォーミングアップで筋肉をほぐす程度がおすすめです。

食生活も見直して気長にしましょう

加圧トレーニングでダイエットを試みようとするならば、トレーニング以外にも何かプラスしてする必要があります。トレーニング後の有酸素運動に加えて、食生活についても見直ししてみましょう。

食生活を見直すと言っても、一番してはいけないのが何も食べないと言った極端な食事制限です。トレーニングをすることで、筋肉がダメージを受けてそして成長ホルモンの働きで修復されるサイクルを促しています。新しく筋肉を作るにはそれなりの栄養が必要ですし、運動をしているので、身体もカロリーと栄養を必要としています。

何も食べなければ体重は自然と落ちていきますが、脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまうので、結果的に痩せにくく、リバウンドしやすい身体になる可能性の方が高いです。ダイエット中であっても1日3食、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。

具体的にどのような食事がお勧めかと言うと、低糖質で高たんぱくな食事です。運動時、糖質からエネルギーとして使われるのですが、血液中に糖分が多い状態ですと、血液中の糖分は使われても、落ちて欲しい身体についた脂肪がエネルギーとして使われないので、低糖質の食事が好ましいです。

次に高たんぱくの食事ですが、筋肉はたんぱく質からできているので、筋肉をつけたいのであればたんぱく質の摂取は必須ですし、高たんぱくの食事にする事で効率的に筋肉量を増やすことができます。

低糖質で高たんぱくの食事例をあげます。目安となるたんぱく質量は自身の体重の倍量のgです。なので、体重が60㎏の人でしたら120gの摂取が望ましいです。高たんぱくの食材には、皮なしの鶏肉、牛や豚のヒレ肉、レバー、卵、カッテージチーズなどの肉や乳製品。野菜や豆類では大豆製品、そら豆、もやし、ブロッコリーなどがあります。積極的に食事に取り入れましょう。

しかし、望ましい量を食事だけで補うのは意外と大変なので、多くの方がプロテインのサプリメントを活用しています。粉状なので、飲み物に混ぜて取り入れましょう。

まとめ

加圧トレーニングは筋肉をつけるのには効率的なトレーニング方法で、成長ホルモンの分泌を促すことで、短時間のトレーニングでの筋肉量増加を可能にしてくれます。短時間で週に1回程度のトレーニングで効果は期待できるので、忙しい方や女性にもお勧めのトレーニングです。

しかし、ダイエットを目的とする場合、このトレーニングだけで体重を落とすには難しいとも言われています。あくまでも筋トレなので、太りにくい。痩せやすい身体を作るのが目的となります。なので、ダイエットを目的としてする場合にはトレーニングの後に有酸素運動をプラスすることや食事にも気をつけることが大切です。食事を低糖質で高たんぱくな内容に見直しましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。