• > 
  • 加圧トレーニングで女性がダイエットをする方法

加圧トレーニングで女性がダイエットをする方法

加圧トレーニングは短時間でも筋肉を効率よく鍛えられる筋肉トレーニングです。短時間でできるので、芸能人やモデルだけでなく、仕事や家事育児に忙しい女性にも注目されています。あるテレビ番組で芸人が実際にダイエットに成功したことから、ダイエット効果は方法次第でだせるはずなのですが、実際に結果を出せていない人もいます。

このトレーニングでダイエットに成功するための方法とは何なのでしょうか。

トレーニングの方法

加圧トレーニングの方法は、まず腕や足の付け根に専用ベルトを装着して加圧し、そうすることで血流を制限して行うトレーニングです。筋トレといっても、一般的な筋トレに使うような重たい錘は使わず、比較的軽めのダンベルなどを用いて行います。軽いダンベルで効果はあるのかと心配になる方もいるかもしれません。しかし、加圧し、血流を制限している中で行う事で、通常の筋トレにはない効果を引き出しています。

圧力をかけ、血流を制限している状態で筋トレをすると、筋肉は酸欠の状態になり、乳酸がどんどん発生していきます。トレーニング後、ベルトを外すと乳酸が一気に体中に流れ、それを察知した脳が成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンの分泌量は通常時と比較すると290倍にもなると言われてます。身体の代謝を高めることができる上、ホルモンの働きで筋肉が大きくなります。

また、加圧する事で、加圧しない時と比べて筋肉をより使ったトレーニングができます。通常の筋トレでも筋肉は使いますが、常に筋肉が使われているというわけではなく、動かしているようで動いていない筋肉が多いそうです。しかし、加圧する事で圧に負けないよう筋肉を使うようになるそうです。

これらにより筋肉が活性化し、筋肉量を増やして基礎代謝が上げ、太りにくい身体を作っていくことダイエットに結び付いていきます。なので、トレーニングを始めたらすぐにだんだんと体重が落ちっていくというよりは、始めて数週間は筋肉がつくのでなかなか体重の減少にはなりにくいですし、急に体重が減少するようなダイエット方法でもありません。あくまでも痩せやすい、太りにくい身体を作るためのトレーニングです。

トレーニングの頻度は週に1回、1回当たり30分で筋肉量アップの効果が期待できます。女性の方は特に気をつけたいのがトレーニングのやりすぎです。筋肉をつけすぎると脂肪が落ちても筋肉太りで太って見えてしまいます。理想の体型、ボディラインに向けて、専門のトレーナーとよく話をして、メニューについて相談しましょう。

食事管理もしっかりとする

加圧トレーニングだけではダイエットをするのは難しいですが、食事管理もすることでトレーニングの効果を生かしたダイエットが可能です。ただし、何も食べないというのは一番いけない食事内容です。

トレーニングではたくさんのエネルギーを消費していますし、トレーニングで損傷を受けた筋肉の修復には栄養が必要です。何も食べない、栄養を考えない食事をすると、身体はエネルギー不足になるばかりか、折角筋肉を大きくするための筋トレをしているのに栄養不足で筋トレの効果が下がります。

もちろん食事を減らせば体重は落ちやすくはなります。しかし、筋肉も落ちてしまうので、痩せにくく太りやすい身体になってしまうので、食事管理もしっかりとするようにしましょう。

摂取する食事で気をつけたいのが糖分とたんぱく質です。加圧トレーニングでのダイエット中は低糖質で高たんぱくな食事を心がけましょう。糖質はエネルギーになりやすい栄養素ですが、血中の糖質が高いと身体についた脂肪がなかなか使われなくなります。そして、トレーニング後は身体はエネルギー不足の状態で、栄養を吸収しやすい状態になってますので、トレーニング後の1時間は糖質の多い食べ物は控えるようにしましょう。

但し、全部の食事でごはんやパンといった主食をなくす必要はありません。例えば丼メニューや麺類だけの献立は避け、定食など、野菜やたんぱく質も一緒にとれるようなメニューを選ぶようにすると外食もしやすくなります。

また、筋肉はたんぱく質からできているため、筋肉の修復を促すためにはたんぱく質が多い食材を取り入れた献立が必要です。肉類や乳製品で脂質の少ないものを選ぶようにし、足りない分はプロテインで補うようにしましょう。食材としては、赤みの肉、皮をとった鶏肉、乳製品。野菜ではもやしやブロッコリーがお勧めです。トレーニング後にプロテインを混ぜたドリンクを摂取すると効率的に筋肉量を増やせるのでおすすめです。

ダイエットに失敗した人は何が原因?

加圧トレーニングのダイエットの口コミを見ると成功した!という人も失敗した!という人も存在し、痩せないという口コミを書く人も多いです。成功した人と失敗した人では何が違ったのでしょうか?

まず、ダイエットが成功したと言える条件として体重が落ちたことと考える人もいますが、そうなるとこのトレーニングでのダイエットは成功しづらいものとなります。体重を落とすだけなら、食事制限するだけで可能です。

口コミをみていると、ダイエットに成功した人には食事管理をしっかりとして、トレーニングはほどほどにという方が多いようです。トレーニング自体は筋肉を増やすためのものなので、トレーニングだけをがんばってしている人はダイエットに失敗しているようです。また、頑張りすぎて筋肉をつけすぎて逆に体重増加やサイズアップの結果になってしまったという人もいます。

トレーニングを適切に続けていれば、痩せやすい、太りにくい身体作りはできます。そうなれば、たまに食べすぎた!ぐらいでは太らなくなりますので、気長に続けられるよう無理のないようにし、ボディラインや体調の変化に注意してモチベーション維持していくことも必要かと思います。

例えば、全身を写せる鏡でボディラインの変化を実感したり、今までぴったりだったパンツに余裕が出たり、といった変化を見逃さないようにしてみてください。

食事管理とトレーニングをしていけば、1~3か月で効果を感じられた体験者もいますので、この期間を目安にしてみてください。最初のうちは体重に変化が見られない人も多いですが、身体が引き締まっていれば今後も続けていけば体重や体脂肪率にも反映してくる可能性が大きいです。しかし、数か月も続けていて見た目でも数値でも効果がないようでしたら、トレーナーを変えるのも1つの手段です。

まとめ

加圧トレーニングは短時間でも筋肉を効率よく鍛えられる筋肉トレーニングです。体力がない女性でも始めやすく、実際に女性モデルや芸能人でも結果を出している人は大勢います。

一方で、痩せなかった!という人もいます。口コミを見ていると失敗した人の多くは食事管理を怠っていた方が多く見受けられます。トレーニングは体重を落とすためにではなく、筋肉をつけて代謝のいい身体作りのためにするものなので、食事管理もしないとこのダイエットに成功することはできません。

低糖質かつ高たんぱくな食事に切り替えて、トレーニングは無理なく続けられるようほどほどにして、モチベーションを落とさないようにしましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各加圧トレーニングスタジオの公式ホームページをご確認ください。